甲賀の忍術村で忍者になってきた

テーマパーク

こんにちは、旅行好きなジョンナムです。

今回は、滋賀県の甲賀にある忍術村で忍者になってきたので色々とご紹介したいと思います。

忍者といえば伊賀流と甲賀流と忍者ハットリ君を見て覚えていますが、果たして忍者修行は厳しいのか試してきます。

忍術村とは

住所は滋賀県甲賀市甲賀町隠岐394

電話番号 0748-88-5000

定休日は月曜日で祝日の場合は、翌日の火曜日になります。

営業時間は午前10時から午後5時まで

入村料金は大人1100円です。

村内の簡易マップです。色々と書いてありますが実際の地図とは違いますので参考程度にみて下さい。

↓は各施設の案内です。

からくり屋敷はガイドさんが丁寧にレクチャーしてくれます。

手裏剣道場 1回300円 手裏剣6枚

貸衣装 子供用700円 大人用1100円 ですが、頭巾が別料金で200円必要です。

年間行事が記載されています。忍者合宿や忍者選手権大会などがあり、何やら楽しそうですね。

売店や食堂もあるみたいです。

なるほど忍術村の全貌が見えてきたところで、さぁ入村してみましょう。

 

入り口

信楽方面からカーナビに案内されてきたのですが、いかにもヤバそうな雰囲気が・・・

これは大失敗のところでは・・・。不安ですが、せっかく来たのですから行ってみましょう。

↑の門を超えると見えてきたのが、↓の建物です。

どうやら発券場のようです。時代劇のような雰囲気でいい感じです。ここで料金を払う際にJAFカードかイオンカードのクレジットカードをもっていれば割引されます。支払いは現金のみなので勘違いなされぬようご注意ください。

当日、午前中は雨だったので水たまりなどがある、ぬかるんだ道を進むと建物が見えてきました。

かなり朽ち果てた茅葺屋根の建物が見えてきました。後で知ったのですがこの建物が資料館です。

 

貸衣装

フラフラと歩いていくと人影が見えてきました。忍装束の姿のスタッフのようです。少し案内してもらい歩いていくと、忍者衣装のレンタル屋さんに着きました。さっそく好みの衣装の色をレンタルし着替えます。

更衣室には着替え方の説明があります。しかし、スタッフさんが丁寧に教えてくれ頭巾も着させてくれました。衣装にはポケットはありません。貴重品をロッカーが更衣室を出たところにあるので利用してください。

着替えが終わると記念写真を撮ってもらえます。

どうですか?いい感じになっているでしょう。息子は嫌だと言って衣装を着ませんでした。せっかくなのにもったいない・・。

 

手裏剣道場

そのまま手裏剣道場を目指します。売店で申し込みが必要なので先に売店で手続きしてください。

手裏剣道場に到着しました。1回300円で6枚の手裏剣が投げれます。渡される手裏剣は↓のこちら

おぉぉカッコイイですね。よし、頑張って的に当ててやるぞ!

娘が楽しそうに投げるので私の手裏剣を5枚あげました。なかなかスジがいいのか手裏剣が刺さっています。正直言ってもっと投げたくなるので6枚では足りません。最低でも600円は使って12枚は投げましょう。1枚しか手裏剣を投げていない私は不完全燃焼です。ちなみにその1枚も的をハズレ残念無念です。

食事処

うどんの旗が出ているので、すぐ分かります。トイレは画像の左側にあります。

メニューは↓のとおり。

忍者カレーと忍びうどんが気になりますね・・・どんな感じなのかな・・・

忍者ビール欲しいです。車の運転があったので飲んでいませんが、持って帰ればよかったです。失敗してしまいました。残念です。

食事処の奥に進むともう一つの入り口がありました。忍スタッフに聞くと、新名神高速道路が出来てから新たに入り口を作ったそうです。どうやらこちら側の入り口が現在の正門のようになっているようです。旧入り口には車一台も停車しておらず私たちだけでした。なるほどね!納得。

 

忍術修行開始

よし、修行を始めるぞ! 塀横歩きの修行↓

他にも、塀越え、壁伝い、石垣上り、井戸抜け、水蜘蛛、坂道上がり、一本渡り、綱渡りがあるようです。山の斜面にあったりしますので、落下や転倒に十分気を付けてください。水蜘蛛に至っては忍スタッフに声をかけなければ修行できなそうです。なんといっても池を浮くものに乗って渡らなければなりません。池に落ち込まないでくださいね。

修行を頑張ればいいことがあります。なんと、修行場には文字が書かれており、全ての文字をパンフレットに記入して忍スタッフに渡すと↓の甲賀流忍術秘伝書をもらえます。中身は秘伝なのでお見せすることはできませんので、ご自分でGETしてください。

忍術村を楽しんだ後、売店を訪れました。

売店で売っている物

売店では、忍者装束、Tシャツ、木刀、模造刀、キーホルダー、手裏剣、刀の鍔が売られています。

金属でできた手裏剣のサンプルです。カッコイイですね。上段と下段で大きさが違います。他にもゴム製の手裏剣やゴム製のクナイもありました。子供が欲しがるので買ってあげました。

私は刀の鍔を購入。刀の鍔の種類は、鯉、卍などがあり、ショーケースに飾られていますので声をかければ出してくれますので購入の際は厳選してください。

 

忍術村はいかがでしたか?小学生の男の子にはもってこいのテーマパークです。興味がわいたらぜひ甲賀の忍術村に足を運んでください。また、スカーレットというドラマで信楽の陶芸が取り上げられています。同じ滋賀県の近くなので一緒に楽しめるので是非どうぞ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました