DODのバッグインベッドを使ってみた!

オススメ商品

みなさんこんにちは、家族でキャンプをしているジョンナムです。

今回は、DODというメーカーのコットを買って使用したので、メリットとデメリットを紹介していきます。

コットって?

コットとはキャンプで寝る時に使う簡易ベッドの事です。

コットは、あらゆるメーカーから販売されています。そして、大きく分類すると地面から高さのあるハイコットと低いローコットの種類に分類されます。

どっちがいいとか迷うかもしれませんが、極端に言えば好きな方を選べば間違いありません。

強いて言うのであればキャンプに歩いていくのであればローコット、車でキャンプ場までいくならどちらでもといったくらいです。

なぜならローコットは地面から低い分、脚の部分が短く軽量だからです。ザックで背負って持っていくのなら軽いのがいいですよね。

コットの説明も終わったところで本題に移ります。

 

DOD バッグインベッド

名前のとおりバッグにインされたベッドです。

開封してみました。

取説に、コット本体のみが入っていました。

取説は読まずに組み立ててみました。

大人ひとりが横になるにはちょうど良いサイズです。

説明書を読まなくても簡単に組み立て方はわかりますよ。

しかし、異常に力が必要です。

女性なら組み立てられないんじゃない?っていうぐらいです。

という疑問をもちつつも、1年経ちましたがコツを掴んだのか、記事が少し伸びたのかわかりませんが、組み立てに苦労しなくなりました。

立ち上がって組み立てると力がいらないのかも・・・。

 

DODのバッグインベッドは買って損なし

これは低いスタイルが好きなキャンパーにはもってこいのコットです!

私はコットをもう一つもっていますが、それはハイコットで主にタープの下でベンチや荷物置き、寝転ぶように使っています。

インナーテント内で使うのならばローコットがオススメできると私は思います。

コットに興味のある方は、展示場で寝心地や、ローかハイかを考えてみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました