2021.2.24 リッツカールトン大阪のスイートルーム宿泊記

Marriott Bonvoy

みなさん、こんにちは。ホテル大好き二児の父をやっておりますジョンナムです。

今日は、2021年2月24日にザ・リッツカールトン大阪に家族で宿泊してきました。

普通に宿泊すると高額なため二の足を踏んでしまう高級ホテルですが、私たち家族は無料宿泊特典を利用してお得に宿泊してきました。

ついては、お得に宿泊する方法からホテルの部屋、施設などいろいろとご紹介していきますので、興味のある方はどうぞ最後までご覧ください。

(注)無料宿泊する場合はSPGアメックスというクレジットカードを保有しないといけませんので、あらかじめマリオット会員の手続きをしておいてくださいね。

予約方法

まずは、マリオットボンヴォイの公式サイトで最低金額で宿泊できるオフピークを調べます。

そのあと私たち家族は幼児もいるので電話で予約しています。ゴールドエリートの場合は、0120-925-759番です。

調べるのが面倒であれば直接電話で調べてもらいましょう。丁寧に対応してくれます。

これで無料宿泊特典で予約を取れましたが、今のままではスーペリアツインという普通の部屋です。

そこで、数日後に直接リッツカールトン大阪に電話をかけ、希望する部屋に差額を払って変更したい意向を伝えるのみです。

すると差額を教えてもらえるので了承して予約完了です。

客室はクラブラウンジという無料の軽食やアルコール、ソフトドリンクなどがいただけるクラブレベルがオススメです。

私たちは、年に一度のつもりで今回はクラブスイートという部屋を予約しちゃいました。50000円代でした。

家族四人でこの値段であれば許容範囲です。

marriott bonvoyアプリ

マリオットボンヴォイのアプリを携帯電話にダウンロードしていると、チェックイン数日前にチェックインについてお知らせが届きます。

このアプリはサービスのリクエストや、スタッフとチャットすることもできるので、不明な点なども質問できるのでありがたいですよ。

また、チェックイン後に携帯電話をホテルの鍵と同様に使う事ができる「モバイルキー」が使えるので、是非アプリをダウンロードしてくださいね。(モバイルキーが使えないホテルもあります)

続いてはホテルについて記載していきます。

ホテルの正面玄関

私たちは車で向かったので下車するとすぐにスタッフの方が対応してくれました。

するとスタッフの方が名前を名乗り対応してくれます。さすがリッツカールトンです。

チェックインが早かった事もあり、ホテル玄関前の駐車場と、地下の駐車場を選ぶことができました。

料金の説明もありましたがわすれました。すみません。

ともあれせっかくの贅沢にケチるのはやめて玄関前をチョイス。スタッフの方に車の鍵を渡してホテル内に案内してもらいました。

1階ホテル内

1階のチェックインカウンターを通り過ぎると暖炉があります。素晴らしい内装です。どこを見てもこの雰囲気で高級感が凄いです。

私たちはクラブレベルの予約のため、名前を伝えるとそのまま34階のクラブラウンジへ案内されました。

エレベーター内

クラブレベルの階数は右側の黒い場所にカードキーを近づけないと行けません。セキュリティがしっかりしています。

34階クラブラウンジ

エレベーターを降りたところです。正面の明るい方向に進んで行くとクラブラウンジです。

こちらのソファ↓でチェックインをしてくれました。チェックインまでにドリンクを提供してくれます。迷わず大人はスパークリングワインをチョイス

チェックインも済み、いよいよスイートルームへ向かいます。

クラブスイート3418

部屋の前に到着。ドアノブの上にある場所にカードキーもしくは、モバイルキーを近づければ開錠できます。

モバイルキーはこんな画面になっています。

 

リビングルーム(トイレ付き)

ドアを開けるとすぐリビングでトイレ付きです。

55型のテレビとカーテンが自動で開閉できるスイッチが付いています。

テーブルにワインがありますが、このワインは現在コロナウイルスの時短営業の関係でクラブラウンジの営業時間が短いためのお詫びでサービスされているとの事です。また、部屋の冷蔵庫にあるソフトドリンクも無料になっているそうです。

これはありがたいです。

ソファのぬいぐるみは子供が持ち込んだ物なのでスルーしてください。

デスクにはUSBの差込口が付いていて便利です。

デスクの上には、マスクと消毒液が置かれています。

クローゼット

続いて、パジャマやバスローブが吊られたクローゼットです。上の棚には枕と、金庫、スリッパ、裁縫セットなどが入っている棚があります。

バスルーム

バスルームです。左にバスタブがあり、右側にシャワーブース、トイレがあります。スイートにトイレは合計2個部屋にありました。

バスローブです。左胸の場所にロゴとリッツカールトンと記載があります。家に持って帰りたいです。

アメニティ

 

英国王室御用達と言われているAspreyです。1階に売店で購入することもできますよ。

他には、マウスウォッシュ、綿棒、シャワーキャップ、カミソリなどです。

バスソルトもあります。

ドライヤーはダイソンでした。私は坊主頭なので使っていませんが、娘の髪を乾かしていると熱いと言っていたので強力なのでしょう。

ベッドルーム

55型テレビとシングルベッドのツインです。34階で眺望も抜群です。

ベッドもふかふかなのですぐ子供が飛び乗ってしまいこの↓有様です。

 

アフタヌーンティー

部屋もひととおり見たので、クラブラウンジに戻りアフタヌーンティーへ向かいます。

スパークリングワインを堪能しつつデザートを頬張ります。娘がマカロンを気に入ってしまって帰りにも1階の売店で購入しました。

小腹も満たされましたので、部屋へいったん退却。17時からのオードブルタイムに備えます。

部屋の眺望

ゆっくり景色を堪能してみます。まずはリビングから

ベッドルームから。

少し遠いですが、あべのハルカスが見えます。マリオット都ホテルがあり、リッツカールトンと同じ系列のホテルです。あそこのホテルも景色がいいですよ。

続いて夜景です。

 

オーナーバー

部屋のオーナーバーの紹介を忘れていました。

他にも冷蔵庫にペプシコーラ、セブンアップ、ビールなどありましたが撮り忘れてしまいました。すみません。

右側下部にある丸い物はコーヒーです。専用の機械に入れてエスプレッソかコーヒーか選択でき、ミネラルウォーターも用意されています。

さすがにリッツカールトン。文句なしですね。

分不相応なホテルに宿泊でき感激です。

続いては

 

クラブラウンジの時間帯について

見えづらいかもしれないので 念のためクラブラウンジの時間帯を記しておきます。

朝食  1階スプレンディード 06:30~10:30
軽食 11:00~13:00
アフタヌーンティー 14:00~16:30
夕食前のオードブル 17:00~19:30

コロナによる時短営業のおかげで内容と時間が今までと違うようです。

 

夕食前のオードブル

オードブルは中華でした。

蒸しパン、エビチリ、小籠包、クラゲの酢の物、ゴマ団子です。

瓶ビールのほか、シングルモルトウイスキーにワインもあります。

デザートはチョコ菓子です。食べきれなかったので部屋に持って帰りました。

量的には少し物足りないのですが、ビールでお腹が満たされてしまい部屋に戻りました。

部屋では、かくれんぼや、隠したぬいぐるみを見つけるゲームをして、スイートの広さを満喫しました。

夜九時に消灯して就寝。

1階ラウンジで朝食

四時に起床して、コーヒーマシンを使用。想像以上の音量が出たので子供が起きないか心配しましたが、ベッドルームとリビングの仕切りドアを閉めていたので問題ありませんでした。スイートで良かったw。

さぁ朝食です。場所は1階のロビーラウンジです。

ここのラウンジで朝食です。和食と洋食を選べます。

子供の朝食です。パンケーキに、スクランブルエッグ、ソーセージ、ポテトにフルーツです。

和食ですがボリュームがあり満足できます。紫蘇ジュースがついています。

続いて洋食ですが、卵料理がえらべます。

トリュフオムレツ、目玉焼き、スクランブルエッグ、エッグベネディクト、ホワイトオムレツの5種類です。

見るからに凄いものが運ばれてきました。

私は和食でしたが洋食にすれば良かったと後悔。妻は卵料理はエッグベネディクトをチョイス。

めちゃくちゃ美味しく、朝から贅沢しているなぁとつくづく感じました。

 

ラウンジ入り口にはロビーラウンジのメニューがありました。

ザ・リッツ・カールトン シグネチャーアフターヌーンティー ¥7,906

さすがのお値段です。

さてお腹もいっぱいになったので部屋でくつろぎ、9:30からプールに行きました。

SPA&FITNESS

スパを利用する際は水着に着替えて部屋のバスローブを羽織り向かうようです。

受付をすませ、スイミングキャップを無料で借ります。

プールは子供でも足が付くほどの浅い場所もあります。ビート板や、腕に着ける浮き輪も無料で貸してくれます。

室内にお風呂の温度のジャグジーと外にもジャグジーがあります。冬でなければ外で快適に過ごせそうです。

コロナの影響か利用時間は1時間と説明されました。

11:00 軽食

クラブラウンジに戻り軽めの昼食です。

左のサラダにホタテの貝柱とイクラが入っていて、とてもおいしくおかわりしちゃいました。

レイトチェックアウト

本来であればチェックアウトの時間なのですが、SPGアメックスを保有しているので14時までのレイトチェックアウトが出来ました。

本当にこのクレジットカードは最高ですね。

SPGアメックスについてはこちら

チェックアウトが遅くなったおかげで、ラウンジでアフターヌーンティーがまたいただけます。

 1階 売店

帰りに軽くお土産を買うために売店によりました。

チョコやマカロンなどのスイーツもあれば、パンにお酒やベーコン、ミントタブレットも置いています。

 

今回の宿泊代

ホテルの駐車場はホテル前のバレーパーキングに停めたのと、インルームダイニングを利用し、チェックイン時にもらった特典で割引されました。

したがって、クラブスイートの利用料金は、¥60,200でした。

無料宿泊特典がなければスイートに宿泊はできなかったです。

 

獲得できたポイントは?

 

6,630 ポイントなので、普通にクレジットカードを利用すると、約20万円利用したほどのポイントを獲得できました。

6万円でこのポイントの差は大きいです。

 

まとめ

今回、SPGアメックスでカテゴリー7のリッツカールトン大阪に、無料宿泊特典を利用して宿泊してきました。

さらにクラブスイートまで差額を支払いポイントもゲット。

60,000ポイントあれば航空会社のマイルにお得に交換できます。

この方法で私は、マイルを貯めて毎年家族4人で旅行に行っています。

飛行機代がタダになるのは大きいですし、宿泊するホテルを系列ホテルにすれば旅先でもポイントをゲットできます。

さらに、ランチやディナーの割引、毎年もらえる無料宿泊特典、レイトチェックアウトがつくので興味がある方はSPGアメックスを検索してみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

*SPGアメックスという名称がマリオットボンヴォイカードに代わるようです。

 

タイトルとURLをコピーしました