マリオット ボンヴォイ日本国内のホテルカテゴリー変更のご案内

Marriott Bonvoy

こんにちは、SPGアメックスを利用しているジョンナムです。

今回は先日発表されました、マリオットボンヴォイ日本国内のホテルカテゴリー変更についてご紹介します。

SPGアメックスを持っていると、毎年マリオットボンヴォイ加盟ホテルに無料で宿泊できるサーティフィケートをもらう事ができます。カテゴリー変更によって今までサーティフィケートが使えたホテルが、利用できなくなるのでかなり重要な情報です。この情報をもとに参考にしてください。

 

2020年3月4日以降カテゴリー変更になったホテル

こちら↓をご覧ください。メールでお知らせが届いたので携帯端末で確認した画像です。

日本国内はこの16ホテルで3月4日からカテゴリーランクが変わりました。

ホテル名 カテゴリー
コートヤード・東京ステーション 5→6
フォーポイント・バイ・シェラトン函館 4→3
軽井沢マリオットホテル 5→6
神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ 5→4
モクシー大阪本町 5→4
シェラトングランド広島ホテル 5→6
シェラトングランデ・オーシャンリゾート 5→4
シェラトングランデ・東京ベイホテル 6→7
シェラトン北海道キロロリゾート 5→6

 

シェラトン都ホテル東京 6→5
シェラトン沖縄サンマリーナリゾート 6→7
キロロ・トリビュートポートフォリオホテル北海道 5→6
ザ・リッツカールトン沖縄 7→8
ウェスティンホテル淡路 5→4
ウェスティン都ホテル京都 5→6
ウェスティンホテル東京 6→7

分かりやすいようにカテゴリーがアップしたホテルを赤色で表示しています。カテゴリー7だとオフピークのみ無料宿泊ができますが、カテゴリー8はどの時期もサーティフィケートは使えません。もうリッツカールトン沖縄に無料宿泊できないのは残念です。

↓の表をご覧ください。カテゴリー別に宿泊に必要なポイントを表記しています。

カテゴリー オフピーク 通常時 ピーク
30,000 35,000 40,000
40,000 50,000 60,000
50,000 60,000 70,000
70,000 85,000 100,000

無料宿泊のサーティフィケートは50,000ポイントまでなので、カテゴリー7のオフピークが最高ランクとなります。

毎年見直されるカテゴリー

2020年3月4日から上記のカテゴリー変更がありました。このカテゴリー変更は毎年見直されているので、来年のカテゴリー変更によっては今まで使えなかった高級ホテルにも、サーティフィケートが使えるようになるかもしれません。

年末には、家族でシェラトン都ホテル東京でサーティフィケートを使います。ランクが6から5に下がりピーク時にも無料で宿泊できるようになったからです。

SPGアメックスをもっていると毎年無料宿泊できるサーティフィケートが貰えます。優雅に高級ホテルでゆったりと過ごすことができるクレジットカードです。みなさんも是非SPGアメックスを利用してください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました